スクーミーボードのデフォルト機能のプログラムをアップデートしました。

電池を入れて、コネクタンをさせば、まず動きます。

以下の50パターンの挿し方でそれぞれ違う動き方をします。

近づいて、暗くなったら音がなるなどの、2つのセンサーの動きも対応しているので、プログラミングなしでも十分遊べる機能となっています。

また動かし方に関しては専用のワークブックを用意しているので参考にしてください。
参考 スクーミーボードが手元に届いたらまず行ってほしい教材schoomy.com

こちらを活用してどんなことを行ってほしいのか?なぜこのような仕組みをデフォルト機能にしたかなどはこちらにまとめていますので、ぜひ読んでいただければと思います。

参考 テクノロジーを「どう使うか?」「どこに使ったら面白いか?」っていう活用能力を身につけられるような取り組みをしたい話schoomy.com

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です