9/23 子どもたちが可能性を広げ、自信を持てる場 イベントGOSOZO TOKYO2019実施。そしてスクーミーも体験できるブースができます。

趣旨が最高だったんで、速攻でジョインさせてもらいました

(以下、HPより)

参考 GO SOZO TOKYO2019go-visions.com

 

GO SOZOは「子どもたちが可能性を広げ、自信を持てる場」として、未就学から中学生までの子供たちが自分で作ったプログラミングやロボットを発表できるイベントです。

プレゼン発表

子どもたちがプログラミングやロボットで作った作品について、観客の前に立ってプレゼンテーションを行います。プロのゲームクリエイターやエンジニアをゲストに迎え、発表へ直接フィードバックをしていただきます。

ブース発表

子どもたちがプログラミングやロボットで作った作品を、割り当てられた机の上のスペースで展示・実演発表を行います。来場者は、詳しい説明をききながら実際に作品を手にとって動かしてもらうことができます。

ワークショップ

当日誰でも無料で参加できるワークショップコーナーでは、プログラミングやロボットはもちろん、子どもたちが自身で考え、自分の手で創り出すコンテンツをご用意しています。

スクーミーもワークショップで協力します!

『こんなものまで!? プログラミングではじまる便利な世界』

というタイトルのもと、スクーミーを日常生活で使っているものに取り付け、どんな新しいものになるかをみんなで作りながら便利なものにしていこうというワークショップです。

プログラミングとものづくりで遊べるブースもできます。

「ゴミを入れたら光るゴミ箱」の開発体験ができます。ゴミを入れたら光るとかほんと?!って思う方ぜひ動画をみてください。プログラミングとものづくりを合わせたなかなか面白い遊びになっています!

 

 

GO SOZOには、色々な子どもたちが発表します。

山梨もなかなかの小学生が発表します!

山梨県の教員の研修会に講師として招かれ、弊社スクーミーの使い方やプログラミングに関する指導、またどんなものを作ったかというプレゼンテーションまでこなした小学4年生が参戦します。

彼が依頼を受けて、開発し、広島県の企業に納品した製品についてプレゼンをする予定です。

色々な方の発表を聞いて刺激を受けて欲しいし、他の方に衝撃を与えて欲しいです。

山梨県ではこんな取り組みもしています!

参考 山梨だからできるテクノロジーを活用した学びschoomy.com

イベント詳細

子どもたちが可能性を広げ、自信を持てる場として、子どもたちが自分で作ったプログラミングやロボットを発表できるイベント。発表者にはIT企業などの最前線で活躍するプロからその場でフィードバックもあり!特別なワークショップも用意、見学だけでもワクワクにあふれたイベントです。
日時
9月23日(月)
料金
一般来場:無料
発表参加:5000円
場所
ココネ株式会社
東京都港区六本木3−2−1
住友不動産六本木グランドタワー42階
タイムスケジュール
10:00-12:30 午前の部
12:30-14:00 昼休憩
14:00-16:30 午後の部

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です