【ヴァンフェス報告書】ヴァンフォーレ甲府と甲斐ゼミナールとスクーミーのコラボレーション!

ヴァンフェス2019に出展しました

今年の5月から甲斐ゼミナールで始まったみらいラボの出展ということで、ついに、ヴァンフォーレ甲府とスクーミーのコラボが実現しました!リツコのヴァンフォーレモードも公式認定され、スクーミーも、ヴァンフォーレ甲府を応援していきたいと思います!

 

当日の様子を紹介!

小瀬でガッツリ、プログラミングです!

家族で体験することのできるコンテンツでした。

テントもこんな感じでVF甲府使用。来年はもっとでかいパネルとかが欲しい。

体験の流れは、まずはミニゲームで、センサーについて知るところから始まります。これは生徒が開発したもので、全部たおれたら音がなって祝福してくれる仕組みです。

ミニゲームの体験のあと、その仕組みを学ぶ流れです。実際にセンサーのしきいちを変えて、前を通るプラレールに反応させることを行いました。

会場に来てヴァンくんもスクーミーを体験!

もちろんヴァンくん!

ちゃんと並んで、ミニゲームの順番を待っています。

ヴァンくんありがとうございました!

フォーレちゃんも体験してました

フォーレちゃんは、ゴミを捨てたら、音がなる面白いゴミ箱を体験しました。センサーを使って色々なものを作ることができ、もちろん、今までにない新しいものを開発することもできます。色々な可能性があるセンサーにふれ、どんどん新しいものを子供達が考えて開発できる環境にしていきたいです。

フォーレちゃんありがとうございました!

 

甲州ふじくんも参戦!

甲州ふじくんも、プログラミングに挑戦です!

みらいラボの先生に教えてもらいながら、スクーミーを活用したプログラミングを勉強しています。

甲州ふじくんもありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です