~昔なつかしのお菓子とスクーミーのコラボ~

今日は

今日、使ったのは、みなさんご存知の明治さんの「ヨーグレット」です!美味しいですよね。中身ではなく、空き箱を使いました。

ヨーグレットの空箱でなんと、恐竜を作りました!!

「ヨーグレットの箱で恐竜なんか作れないよ!」と思ったそこのあなた!自分も最初は「無理でしょー」と正直思いました。しかし・・「作れちゃうんです!」しかもリアルで本格的に!

出来上がりをみるとビックリ!すごい本格的な出来上がりです。

準備するもの

準備するものは、セロテープとはさみだけです。これだけでできちゃうんです。

工作開始

まずは、はさみを駆使して、あたまの部分、からだの部分、あしの部分、しっぽの部分を切って、やまおり、たにおりをして、セロテープでくっつけていきます。あたまやあしの部分はおったり貼ったりするところが難しいですが、お母さんにも色々手伝ってもらいました。

そして、あたま、からだ、あし、しっぽの部分部分ができたら、各部品を貼り合わせてできあがりになります。

からだとあしのバランスが難しく、なかなか立ちませんでしたが、何とか頑張りできあがりです。

 

スクーミーとの組み合わせ

できあがったので

先生「どこを光らせよう?」

生徒「目を光らせたい!」

ということで恐竜の目にスクーミーのLEDをつけて光らせました。

他にも、条件をつけて光らせよう!

先生「どういうふうに光らせたい?」

生徒「近づいたとき!」

先生「近づいたときだったら・・・」と、パソコンの設定を一緒に設定して完了。


何回も設定しては試して、また設定しては試して・・・を繰り返しました。このことが大事です。

完成!!

かなりの仕上がりです!


などなど

他にも「しっぽを光らせる」「5秒間光らせる」「光を点滅させる」「暗くなったら目が光るようにする」などなど、何百通りのやり方が実現できます!
参考 MAKE DAYsschoomy.com

補足

先ほどの「暗くなったら目が光る」について、現代社会、日常生活でも、暗くなったら光るものはたくさんあります。光センサーを利用したもので、Cdsセルというものを使用しています。
参考 Cdsセルって知っていますか??schoomy.com

 

 

~無料体験申し込みは電話または以下のサイトから~

レビットテッククラブ日野校舎(秀英iD予備校日野校舎内)
〒191-0011 東京都日野市日野本町2-20-13石坂ビル2階
TEL:042-514-8585(午前10時~午後8時受付)
参考 体験教室申込み体験

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です